業務内容

受変電設備の改修及び新設工事

写真:作業風景

受変電設備とは電力会社から送電される6600Vの電気を受け入れ、使用用途に応じて100Vや200Vに変圧するための設備です。
大量の電力を必要とする工場やオフィスビル、学校、商業施設、コンビニエンスストア、スーパーなどでは必ず完備されています。

受変電設備の更新推奨時期は10年~15年とされますが、年数が経つにつれて部品が故障しやすい性質を持ちます。
故障は停電事故にもつながり、周辺地域へも影響を及ぼす可能性があることから、トラブルが生じた際に適宜改修工事が必要です。

当社では、全工程を自社社員が対応いたしますので、スピーディーな施工が可能となっています。また、新設工事も承っております。



高圧ケーブル、高圧負荷開閉器の新規設置・更新、借室内UGS UAS設置

写真:作業風景

高圧ケーブルとは、電力会社から電力を各施設へ供給するための、電柱から建屋内に引かれているケーブルのことです。

高圧ケーブルの更新推奨時期は10年~15年ではありますが、責任分界点が外部にあるため、雨や風、紫外線などの影響で環境によっては早く劣化する場合もあります。損傷が生じると施設に電力を供給できなくなるうえ、地絡事故の可能性も高まるので、当社では更新推奨時期よりも早めの更新をおすすめしております。

自社社員のみで配線・接続作業を施工させていただきますので、安心してご依頼くださいませ。


強電・弱電設備の配管、配線工事

写真:作業風景

電気設備は「強電設備」と「弱電設備」の2つに分けられます。

「強電設備」は電力会社から供給された高電圧の電力を分配する設備で、受変電設備や施設内配線、照明・コンセント設備などがこれに該当します。
「弱電設備」は情報を送る際に使用される配線設備で、電話線、LANケーブル、構内光ケーブル、監視カメラ、インターホン設備などがこれにあたります。

両設備共に自社社員が全工程を対応いたしますので、安心安全はもちろんのこと、他社よりもスピーディーな施工が可能となっております。


自家用電気工作物年次点検及び計測器の校正試験、保護具防具の耐圧試験

写真:計測器

電力会社から高圧で受電する電気設備のことを「自家用電気工作物」と言います。1年に一度の停電点検が実施されます。停電点検の検査を電気主任技術者と一緒に、受電設備の点検、清掃、絶縁抵抗測定、接地抵抗試験、保護装置の動作試験などを行います。

電気工事で使用する計測器は年数の経過に伴い、正確な測定値が示されない症状が見られることもあります。

そのため、自動車の車検のように、計測器においても定期的な点検作業が必要です。

校正は1年に1回行うことが推奨されており、計測値と標準器の値の比較をし、差異が認められた場合は適宜修理を行っていきます。
計測器の校正は専門業者に委託することが一般的ですが、当社ではより精度の高いチェックを行うべく、標準器を導入し、自社で毎年実施しております。


その他

分電盤の据付・引込工事

各種照明やコンセントなどの交換・取り付け工事

自動制御盤製作・シーケンサー等更新工事

電機メーカーの工事代行

Ⅹ線レントゲン内部探査・ダイアモンド穿孔(コア抜き)工事

小メーターの交換

強みその1


ワンストップサービスのご提供

電気に関するお困りごとがございましたら、どんなことでもお気軽にお声掛けください。

電気工事のプロフェッショナルとして、現地調査からお見積もり、工程まで最適なご提案をさせていただきます。

独自の高い技術力と事務処理業務でお客様のあらゆるニーズにお応えします。

強みその2


SDGsの実現に向けた環境への配慮

絶縁性能を持つSF6(六フッ化硫黄)ガスは、人体に対しては安全であるものの、温室効果の高いガスであることが指摘されています。当社ではSF6ガスの回収装置を備え、排出抑制対策に万全を期しております。

また、エックス線診断装置を完備しておりますので、有資格者によるコンクリート壁面のコア抜きや、発生したアスベスト含有廃棄物の運搬も対応可能です。


強みその3


広がる信頼と実績

神奈川県および東京都内、千葉県、埼玉県と一都三県を中心として営業をしていますが、
近年では国内各地からの受注も承っており、信頼と実績の輪は全国へと広がっています。

表彰